大阪にある給食委託会社おすすめ5選!業者の特徴はもちろん評判などもまとめたので委託先の参考にどうぞ!

知っておきたい給食委託に関連する法律

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/20

大阪では数多くの給食委託事業者が各種の施設に給食を供給販売しています。食品は適正に製造販売されないと食中毒などの健康被害が発生するので、いろいろな法律の規制を受けることになります。関係法令のなかでも重要なのは、食品衛生法・学校給食法・景品表示法の3つです。それぞれの適用趣旨を理解して給食販売に携る必要があるのです。

給食委託事業で注意したいのは食品衛生法

日本における食品衛生行政の基本となる法律が食品衛生法です。日本において食品が原因で発生する可能性のある健康被害を防止することを目的にしており、その起源は明治時代にまでさかのぼります。

第二次世界大戦後、新憲法施行の影響で旧法の食品衛生に関する行政命令が失効するのに合わせて、現行の食品衛生法が制定されました。この法律で規制の対象になるのは、医薬品や医薬部外品を除外したすべての飲食物です。

給食を含めた飲食物と添加物のほか、食器や包装素材、乳児向けのおもちゃなども規制対象に含まれます。規制対象が広範に渡ることからも明らかなように、現行の食品衛生行政の基本法の趣旨をもつ法律といえます。

また、営業目的で食品の販売や使用することに対する必要な規制について定めており、家庭内の調理や個人輸入などについては規制の対象外です。同様に口にするものであっても、タバコや歯ブラシ等も食品ではないため同法の適用対象外とされています。

給食委託事業との関連で重要なのは、HACCPです。これは総合衛生管理製造過程のことで、食材の購入から調理、完成品の搬出などのあらゆる過程で、厚生労働省の定める基準をみたしているときに承認されるものです。

また新規に飲食業を開始する際には知事の許可を受ける義務を定めているのも食品衛生法で、新規に給食委託事業を開始するときには、まず都道府県知事の許可を取得する必要があります。

学校での給食を規律する学校給食法

全国給食委託事業者は大阪を拠点にサービスを展開しています。給食委託事業が対象とするのは各種の事業所や工場、病院などの医療機関や高齢者、障がい者などを対象にする介護施設なども比率は高いですが、学校給食も依然として主要な業務です。

小学校や中学校などの義務教育機関で提供される学校給食を規律するのが学校給食法です。この法律は、学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資するものであって、食生活に関する正しい理解と適切な判断力を養成する上で重要な役割を担うことに鑑み制定された法律です。

戦後に制定された法律で、施行された昭和29年当時は「国民の食生活への改善の寄与」が掲げられていましたが、食糧難の当時とは食生活に関しては隔世の感があります。そこで平成21年の改正においては、食生活の改善への寄与に関する文言は削除されています。

かわって学校給食法に盛り込まれたのは、「食に関する正しい理解と適切な判断力を養う」という内容が規定されました。現在における食育に冠する規定です。

この法律の適用対象は、小学校や中学校などの義務教育の学校において、その児童または生徒に提供される給食のことです。したがって高校や大学などの教育機関に設置される食堂などは適用対象外、ということになります。ちなみに義務教育の無償は憲法で規定されていますが、学校給食に関する経費は合理的範囲で保護者が支弁することとされています。

産地表示などを規制する景品表示法

大阪に本店を置く給食委託事業者は、各種企業や工場、事業所などにおいて社員食堂の運営を請け負っていることが珍しくありません。社員食堂を自ら運営するにはコストがかさむため、アウトソーシングの動きが加速しているわけです。

社員食堂はそもそも使用者の福利厚生の側面が濃厚で、単に食品を廉価で提供するだけでなく、健康管理に資することも重要な使命です。そのため給食委託事業者は、健康管理に関するメリットなどを利用者に文書などで掲示することがあります。

この場面で関係する法律は、景品表示法になります。そもそも過大広告は独占禁止法で規制されていますが、広告表示は短時間で実施されるものであることから、広範な規制は適していません。そこで独占禁止法の特別法として、昭和37年に景品表示法は制定されました。このような経緯があり、当初は公正取引委員会が所管していましたが、消費者保護の流れなども受けて2009年には消費者庁に管轄が移管されています。

給食委託事業との関連で重要なのは、優良誤認行為です。優良誤認とは、商品やサービスの内容が事実に相違して実際よりも優良と誤認させることや、他社の商品やサービスよりも優良であると誤認させる行為のことです。問題になった事例をピックアップすると、霜降り牛肉と謳っていたのに、実際には馬肉に馬脂を注入したものを販売していたというものがあります。

 

大阪では数多くの給食委託事業者が、各種施設でサービスを提供しています。人間の健康にまつわる食品を取り扱う業務だけに、各種の法律による厳格な規制を受けていることが特徴です。サービスを提供する側では、とくに関連法規を熟知し責任ある行動を取ることが求められます。

【大阪】給食委託会社ランキング!

商品画像
商品名株式会社第一食品日清医療食品株式会社エームサービス株式会社富士産業株式会社株式会社ナリコマホールディングス
特徴創業してから食中毒ゼロ子どもや高齢者に適した食事の形を提供ユニークなメニューの開発管理栄養士による厳格な栄養管理365日異なる献立
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧