大阪にある給食委託会社おすすめ5選!業者の特徴はもちろん評判などもまとめたので委託先の参考にどうぞ!

病院で給食委託を活用するメリット

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/07/30

病院で食事を提供する場合、自院の給食施設を用いて食事を提供するのではなく、給食委託を利用するケースが増えています。では委託することのメリットはどんなところにあるのでしょうか。こちらでは3つの点に絞って、そのよさを紹介します。給食を委託することで得られるメリットは、大阪の医療機関でも享受できるに違いありません。

給食を委託することによる病院側のメリット

給食委託を利用することは、病院側に多くのメリットがあります。まずは、給食業務に携わるスタッフの育成や人材確保などの管理業務が削減できることにあります。

病院での食事提供は健康な人ではなく治療を必要としている体力が落ちた患者さんへの食事の提供となるため、通常の食品を扱う業務以上に衛生管理などが徹底されています。食事制限を必要とする患者さんの対応もあり、覚えることも多く、業務の習得までには時間がかかります。

また、大量の食材や大型の調理器具を扱うなど力仕事も多いため、人材が定着しないことも多く見受けられます。採用から教育にかかる時間的・金銭的コストは軽く見ることはできず、それらをカットして質のよい食事提供ができることは大きなメリットがあります。

また、自院の栄養士の仕事を専門化できることにもよさがあります。栄養士は給食以外にも患者さんの栄養管理計画書を作成したり、外来・入院の患者さんに栄養指導をしたり、回診についたりと食事以外のさまざまな仕事を抱えています。これに給食の業務が加わると、献立作りから食材の選定や発注など業務量が飛躍的に多くなります。

何よりも安全管理や衛生管理の責任は大きなプレッシャーとなるでしょう。その点、給食を委託することで栄養士は臨床にかかわるスペシャリストとして仕事ができます。そして、業務を限定することで質のよい仕事ができ、仕事の満足度に影響する場合があります。

給食を利用する患者の側のメリット

給食を委託することのメリットは、病院側だけでなく、実際に食事をする患者さんにもメリットがあります。病院ではつらい治療も多く、唯一の楽しみは食事という患者さんも少なくありません。

それでも、病院の厨房で食事を作る場合、栄養バランスはよくても、見た目やおいしさにこだわることはなかなか難しいものです。病院施設ということで、サービスするという観点で仕事をすることを二の次にしなければならない環境もあるでしょう。

また、少人数の栄養士による献立だと、マンネリ化してしまう可能性も否定できません。それで、食事を楽しみにしている患者さんを満足させられるサービスを提供できる給食会社を利用できれば、患者さんの心理面でよい影響を与える場合があります。

最近では大阪でも多くの給食会社が参入しており、競争によりサービスの質が向上しています。そのため、栄養面とともに見た目を重視するサービスも登場しており、今までの病院食のイメージとは違い、楽しい食事になる方も多いようです。

栄養の取れる見た目にも美しいおいしい給食を提供できることは、患者さんを単に食事面で満足させることだけにメリットがあるわけではありません。栄養バランスが取れたおいしい食事は、治療への意欲につながる可能性が高くなります。食事の口コミだけでなく治療実績が上がれば、病院の評判のよさにつながるため、患者・医療機関双方にメリットがあります。

いざというときに給食委託は役に立つ

病院に給食施設がなくなることで利用者との間に物理的にも精神的にも距離ができてしまい、サービスの低下につながるという指摘があるのは事実ですが、物理的に距離を置くことで得られるメリットもあります。それは災害時に対応が可能になるということです。

給食委託を専門に行う会社の中には、災害時でも食事の提供を継続できるよう、定期的に訓練を行い、確実に食事を届けられるよう対策を講じているところもあります。その中にはヘリコプターなどを用いた空輸訓練まで行っているところや、行政と連携した訓練内容としているところもあり、真剣に取り組んでいることがわかります。

病院側で同様の訓練を行うか、行えるかということを考えると、かなりの困難が付きまといます。病院であれば、医療の提供が第一の目的となるため、給食提供を主眼にした体制づくりは難しくなります。

また、災害の影響で給食施設が稼働できなければ、食事を提供すること自体難しくなりますし、給食施設が稼働できたとしても人員や食材の確保が課題となります。そう考えると、リスク分散という意味合いで、委託することには意味があります。

大阪は過去に大地震を経験しましたが、災害大国である日本ではリスクの分散は考えておくべき問題です。実際の距離だけを問題にするのではなく、患者さんが本当に必要とするサービスを提供できているかを考えることが重要です。

 

病院で食事を提供する場合、給食委託することは病院側にも患者側にもメリットがあります。さらに災害を考えたリスク分散にも給食を委託する利点があります。大阪でも給食を委託できる会社が増えており、サービスや質が向上しているので検討することもできるでしょう。

【大阪】給食委託会社ランキング!

商品画像
商品名株式会社第一食品日清医療食品株式会社エームサービス株式会社富士産業株式会社株式会社ナリコマホールディングス
特徴創業してから食中毒ゼロ子どもや高齢者に適した食事の形を提供ユニークなメニューの開発管理栄養士による厳格な栄養管理365日異なる献立
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧