大阪にある給食委託会社おすすめ5選!業者の特徴はもちろん評判などもまとめたので委託先の参考にどうぞ!

給食委託を依頼した場合にかかる食材費について

公開日:2020/09/15  最終更新日:2021/02/18

大阪で給食会社へ給食委託をする場合の費用は、各社のホームページには記載されてないことがほとんどで、実際は問い合わせしてみないとわかりません。委託形態・内容・施設規模・施設側の要望で導入にかかるコストも、それぞれの会社によって違います。ここでは給食委託をしたときにかかる主な費用や、食材費などについて紹介します。

給食委託の費用体系は実は決まってない

大阪で給食委託を依頼する場合、最も気になるのが費用についてです。ただ、費用体系には明確な決まりはなく、会社や委託内容で管理費制や単価制など契約内容が決まります

管理費制だと人件費や管理費、利用者数分の食材費などを定額にして、単価制だと食材費や諸経費も含めて一食あたりの金額などを設定します。施設の利用者の人数が安定しているなら、経費の予測もしやすくて予算も立てやすくなります。

大阪で給食委託の導入でかかる費用だと、人件費・管理費・食材費・水道光熱費・器材・備品代・消耗品費・通信費などがあります。給食会社とクライアントの経費分担は契約内容で違いますが、水道光熱費や器材、備品代や消耗品、通信費などはクライアント側が負担するのが一般的です。具体的な費用体系や経費分担は給食会社へ直接問い合わせしないとわかりません。

費用も重要ですが最も大事なのは給食の品質で、利用者が喜んでくれる給食を提供してくれるかも大事です。入居者や患者さんの満足度は、施設の評判や安定した運営に関わってきます。料理の味や品質などは実際に試食しないとわからないため、最初に問い合わせをしてみてそれから試食会やコンペを通してじっくりと検討したほうがよいです。

委託する場合も、自施設内の厨房で調理を行うか、施設外で調理するかを確認しておく必要があります。自施設内だとでき立ての料理の提供など、施設の要望に合わせてきめ細かい対応も可能でしょう。

給食委託をするメリットは管理が楽になること

大阪の施設で給食委託を行うメリットは人材確保や育成、管理が楽になることがあります。給食スタッフが高齢化してきて人材確保が難しい施設も多く、人材確保や育成、管理はかなり労力や手間もかかります。外部委託をすることでスタッフ採用や教育、管理も業者が請け負うのでこの業務にかかっていた労力も減らせます。

大体の給食会社は毎日の食事を多彩な献立で楽しめて、季節の行事にあったメニューやイベントのメニューを用意しています。食堂にメニューを置いたり料理に栄養メモを添えたり、食空間が楽しくなる演出をする業者もあります。味がおいしいことはもちろん、目で楽しむことも食事では大切なことです。

体の弱い利用者もいるので安全面では細心の注意を払う必要があるのが給食ですが、給食会社は徹底した衛生管理体制をとっています。プロの業者に依頼すると安全性のアップも期待できます。

病院・学校や老人ホームなどの施設の口コミで多いのは食事に関しての内容で、利用者のことを考えておいしい食事を提供することで施設の評判も上がって利用者増加にもつながります。有料老人ホームだとコストより味や品質を重視するので、料理がおいしくないと施設へのクレームや退去につながります。食事が一番楽しみな人も多く、美味しい料理を提供すれば満足度も高まります。

栄養バランスを考えてある料理は、心や体にもよいもので毎日の食事を楽しみにしている人から、食慾が低下しがちな高齢者や入院患者まで、心身の健康もサポートできるでしょう。

給食委託の料金と食材費が安くできる理由

給食委託にはそれぞれの委託先の会社によって料金は違い、定額料金制だと食事の材料費と管理費です。管理費は栄養士・調理師などの人件費、他でかかる諸経費などが含まれます。

従量課金制だと食事の価格、提供食数で算出した費用を支払います。一食または一日あたりの価格は、食材費や栄養士などの人件費、その他の費用で決まります。併用制もあって、単価制契約に管理費制の一部を導入したシステムです。

委託の場合だと、会社が大量に食材を仕入れるスケールメリットがあり、よい食材をより安く仕入れるので食材費のコストダウンができます。厨房社員の労務管理も行うので、募集から採用、育成なども不要で欠員が出たときの対応に悩む必要もありません。

昇給・賞与など年々上がる人件費も不要なのでコスト削減が可能で、厨房社員には大量の給食調理マニュアルや、その他のマニュアルに基づいた教育や指導を行っています。定期的に抜き打ち検査なども行っていて食中毒などの事故も未然に防いでいます。緊急時や災害時でもバックアップ体制があり、代行保証などもあっていつでも食事を安定して供給してくれ、万一の保証も賠償保険があります。

栄養管理以外に、献立ソフトも導入しているので飽きないメニュー作りをしてくれるので、入居者の状態にあった食事提供もできます。メニューも種類が豊富で、施設栄養士も献立の作成から解放され、栄養ケアマネジメントなどの業務に専念できます。さらに施設行事があるときもいろいろな形態でサポートしてくれ、味だけでなくバイキングや握り寿司なども対応可能です。

 

大阪の各施設で給食委託をする場合、委託した会社の料金体系によって食材費なども違います。ただ、専門の会社なので食材を大量に仕入れることが可能なので、その分施設で仕入れて調理をするよりも安くなる可能性は高いです。費用や味、それ以外のサービスなども確認して依頼するのが望ましいです。

【大阪】給食委託会社比較!

商品画像
商品名日清医療食品株式会社エームサービス株式会社富士産業株式会社株式会社ナリコマホールディングス株式会社第一食品
特徴子どもや高齢者に適した食事の形を提供ユニークなメニューの開発管理栄養士による厳格な栄養管理365日異なる献立創業してから食中毒ゼロ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧